123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-09-04 (Fri)
PhotoFunia-cb1880.jpg



”魔女”は、今陸へとあがっているけれど、この世界に戻る日が来ても
きっと、変わらないように思う。

錬金修行を頑張る頑張ると言いながら
その時の思いつきとその日の糧を最優先に危険海域を彷徨いているように思う。
錬金術の退屈な修行より、追いかけっこの方が楽しいから。


気が向いたときに好きなものを作って、気が向いたときに修行して。


そうこうしている間にギルドの後輩に次々と追いこされていくだろうね。
かつての仲間は既に見習いではなく、殆どが”フィロゾフ”になってるし。

だけどまったく焦りは感じない。

この世界の錬金術は有限。錬金術の世界に身を置く限りはいつか
限界に到達するだろう事が当然分かってるから、


到達する時期がこの世界の終焉より早いかどうかなんて、魔女にとっては些細な問題。




| ネタ・その他 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。